読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鈴木うどんの横須賀おもしろ生活

撮った写真や思ったことや技術ネタなど。出来るだけ大きなディスプレイで見ると良いと思う。ここでの発言は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。

90mmのレンズが欲しい!

M型のライカのファインダには35mm、50mm、90mm、135mmのフレームが刻まれている。つまるところ、それらの焦点距離のレンズはある意味で標準レンズであり、特にライカ判のカメラシステムを構築するのにそれらの焦点距離のレンズ達は特別な意味合いを持っているとも言えよう

……などと分かったようなことを言っていちびってみたが、この辺りの長さのレンズというのは何を撮るにしても具合が良くて揃えておいて損のないような気がしている。たとえば、85mmのレンズを一眼レフカメラに取り付けてファインダを覗いたのならばたちまちに「ポートレートを撮るぞ!」となってしまうのだけけれども、大して変わらないハズの90mmの場合なら「長めのレンズでスナップなんて良いなあ」となるから不思議だ。

_8001519

というわけで、買ってしまったのが M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8。レンズの焦点距離は45mmではあるけれど、マイクロフォーサーズはライカ判の2倍程度の長さ相当の画角になるので、出てくる絵は90mmのそれである。このレンズの良さは絞り開放からキリッとした絵が出てくるところというのがあるけれど、何より安いのが良い。レンズは小さくて安いものに限る。

_1190082 _1190083